何かを失った時は幸せになるチャンス

前回、「春は別れの季節…」とブログを書いたら、人事異動で、職場の上司が異動になった。

ほんとに優しい方で、仕事の遅い私をいつもフォローしてくれた。

いてくれることがすっかり当たり前になっていたけど、この人の下で働けて、つくづく私は恵まれてた。

これまで、「職場の人とうまくしゃべれない」とか「仕事ができなくて恥ずかしい」とかそんなことばかり、不足にばかり焦点を合わせてたんだけど、優しい上司を失って初めて気づいた。

私は十分に恵まれてた。満たされてた。

それほど恵まれてたのに、勝手な思い込みで生んだ不足(誰も私に「しゃべれなくてダメな奴だ」とか「仕事できなくてダメだね」とか言ってない。私がそう思い込んでただけ。)に焦点合わせて、悲しんだり苦しんだりしてたなんて、なんてもったいない。

ということは。

今も私はきっと満たされてる。

美しいものを見れて、音を聞けて、おいしいものを味わえて、気持ちよさを感じられる身体がある。

思い立ってすぐ外食に行けるお金がある。車がある。

親が元気でいてくれてて介護の心配もない。

優しい旦那さんや面白くて可愛い子供たちがいる。

義両親と同居しなくていい。

安定収入がある。

快適な家がある。

そんなの当たり前ってなってるけど、もし失ったらすごく悲しい。

私にとっての当たり前が、ない場合だってあるはず。

それを今回の異動で思い知った。

そう考えると、すごくすごく、私は幸せなんだ。満たされてるんだ。

その膨大な充足の中の、上司がいなくなったという一点だけに目をこらして、悲しんで不安になっているだけなんだ。

何百億何千億の事象がこの世にはあって、何か考えてるときはその中のたったひとつにフォーカスしてるだけ。

何かをなくした時、それは「ああ、あることは当たり前じゃなかったんだ」と、その他の膨大な「ある」に気づくチャンス。

顔を上げてみよう。幸せを味わおう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です